カテゴリー:マヌカハニーMGOとUMFの違い

2013年02月03日

マヌカハニーMGO400とマヌカハニーUMF15を食べ比べてみた!口コミ

マヌカハニーを選ぶ時、最初に疑問に思ったのが、MGO100とかUMF15という表記方法。
IMG_7528.jpg
(左がUMF15、右がMGO400のアクティブマヌカハニー)

どちらがどんな効果があって、自分にはどのレベルが適当なのか、選ぶのに時間がかかった。

まず、結論から言うと、MGOもUMFもマヌカハニーが持っている特別な能力=メチルグリオキサールという非常に強力な抗菌・殺菌効果がある成分がどれくらい入っているかを示している。

だけど、MGOとUMFではその測定の方法が異なっている。
MGOは
1Kgあたりにメチルグリオキサールがどれくらい入っているかを数値で表している。
(つまり、MGO400なら400mg/kgね。)

UMFは
メチルグリオキサールを一旦、抗菌性フェノールという成分に置き換えて数値で表している。
(つまり、UMF15なら5%のフェノール溶液と同じ抗菌作用があるという意味)


なぜ統一しないのか不思議に思って調べてみたら、
MGO表記はマヌカヘルス社の商標登録だった('A`)
(だから他のマヌカハニーメーカーは効果を表すのにUMFという別のラベルが必要だったのね💦)

なので、選ぶ時は

MGO100=UMF10
MGO400=UMF15〜20
MGO500=UMF25



と考えるととってもわかりやすいです。

で、実際味はどうなの?と思って両方注文して味比べしてみました‼
IMG_7535.jpg

見た感じはどちらも同じ色。
でも香りはマヌカMGO(MANUKA HEALTH社)の方が甘く芳醇な匂い。
マヌカUMF(Pure New Zealand Honey社)の方はかすかにハチミツの香りがする程度。
IMG_7542.jpg

柔らかさはどちらも同じくらい(この時の室温は23度)
IMG_7543.jpg

スプーンですくった時のなめらかさも同程度だったけど、口に入れたとき、マヌカUMF15は若干粉っぽい感じがした。
マヌカヘルス社のマヌカMGO400はスススーーーーーーーっと溶けてなくなる感じ。

というわけで、マヌカヘルス社MGO400の方が個人的には好みかな🎵🎵🎵世界的にも有名なマヌカハニーブランドだしね!

マヌカハニーはデパートより楽天よりどこよりもアマゾンが一番安くて早くておススメヽ(*´∀`)ノ !








.


posted by mako at 00:35| マヌカハニーMGOとUMFの違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。